債務整理(自己破産・個人債務再生・任意整理・特定調停)について詳しく解説

自己破産・債務整理ガイド

無料相談でよくある質問 【その2】
2011年08月22日(月)

投稿者:山口 広樹
かながわ総合法務事務所
参考になった(2515)

Q.任意整理手続きをお願いした場合、自分はなにかすることはありますか?
  また、仕事が忙しいのですが、事務所に何回ぐらい行かなければならないですか?

A.任意整理手続きを依頼すると、依頼を受けた弁護士や司法書士があなたの代理人(分身)になります。
従って、その手続きに関するものは全て代理人が行うため、イレギュラーなケースを除き、あなたが通常手続きで行うことは特にありません。
あなたの希望をしっかりと代理人に伝えて、代理人からの報告を待つだけでよいのです。
また、事務所への来所ですが、出張相談を除き、ご相談の際に一度は必ずしなければならないきまりがあります。
しかし、それ以降は特段来所しなければいけないということはないので、事務所への来所が一度だけという方のほうがむしろ多いのが現状で、大多数が郵送や電話、メールで手続きの打ち合わせや確認を行っていきます。

Q.任意整理手続きを行うと、現在の月々の返済額より負担の少ない金額で返済ができるとのことですが、なぜそのようなことが可能なのでしょうか?

A.任意整理手続きの特色は以下のようになります。
・利息の支払いをカット(全額元金への返済になります)
※一部利息全額をカットできない業者もあります。
・利息の支払いがないので、返済のゴールが明確になる
=例えば債務整理後60万円を支払っていくのであれば、1万円×60回で返済をしていくので5年後には返済が終わるという見立てが立てられます。

今あなたが行っている返済は利息付で返済をしています。
その利息分の支払いをカットするだけで、当然月々の返済金額は下がります。
例えば、月々A社に12,000円の支払いをしている内、7,000円が元金で5000円が利息という内訳の場合、この5千円の支払いがなくなるということになります。
そして、利息がなくなればいつ終わるか不安である現在の返済のゴールも簡単に見えてくるわけです。

Q.任意整理を行なったら月々の返済金額はいくらぐらいになるのでしょうか?

A.任意整理手続きでは、大多数の業者に総額に対して60回(5年)ベースで返済をするように進めていきます。
一部の業者では、36回(3年)ベースの短期しか不可のところや100回ベースの長期で可能のところまであります。
例えば、任意整理後の全社の返済額が180万円であれば1,800,000÷60の月々3万円程度、300万円であれば月々5万円程度の支払いで可能といった形です。


参考になった

一覧に戻る
▲ページの上へ
一括相談リストへ

弁護士・司法書士を探す
債務整理ニュース
専門家のコラム

地域別で事務所を探す!
北海道地区
東北地区
東京地区
関東地区(東京以外)
中部・北信越地区
大阪地区
近畿地区(大阪以外)
中国・四国地区
九州・沖縄地区
(C)自己破産・債務整理ガイド
All rights reserved.
FIT-web

参考サイト
探偵 浮気調査