債務整理(自己破産・個人債務再生・任意整理・特定調停)について詳しく解説

自己破産・債務整理ガイド

債務不存在について


債務不存在とは、借金の無い状態をいいます。
消費者金融問題でよく使われる債務不存在とは、出資法での利息計算を利息制限法に基づいて計算しなおした場合、元本をすべて返済している状態の場合があります。
なお、返済済み金額が債務を上回った場合は過払いとなります。

計算して債務不存在になっている場合には、その旨を業者に伝えて債務不存在であることを訴えるか、弁護士介入、特定調停、裁判などによって債務不存在を主張すれば、債務不存在を業者に認めされることが可能となります。

ただし、債務不存在などを主張し認められた場合でも、信用情報機関に事故記録として登録されます。

▲ページの上へ
一括相談リストへ

弁護士・司法書士を探す
債務整理ニュース
専門家のコラム

地域別で事務所を探す!
北海道地区
東北地区
東京地区
関東地区(東京以外)
中部・北信越地区
大阪地区
近畿地区(大阪以外)
中国・四国地区
九州・沖縄地区
(C)自己破産・債務整理ガイド
All rights reserved.
FIT-web

参考サイト
探偵 浮気調査